【地中熱】湯の街雪の街、越後湯沢でセミナー

2019年8月28日

こんにちは、大橋です。

毎年恒例の十日町おおまつりも

終わり、ますます秋の気配が

近づいて来ました。

今日は「地中熱利用促進セミナー

in越後湯沢」ということで、

勉強会に参加しています。

自然界の未利用エネルギーを活用して

環境負荷は減らしながら快適な暮らしを

実現するため、よく勉強します✏️🤗

後半戦では大橋の中学時代の同級生、

アルペン設備の高橋社長が湯沢町での

地中熱導入事例について発表してくれました!

地中熱が更なる普及と技術開発でより身近な

再生可能エネルギーとして利用されますように!

そしてセミナーのまとめとして長岡技術科学大学の上村靖司先生から

「地中熱交換井はインフラ」という話がありました。

地下に埋設した井戸は時代や住まい手が変わっても「常にそこにある」

わけですから、利用の方法をその時々に合わせて変化、進化させていけば良い

というお話でした。融雪も暖房も、地中熱と組み合わせて

「もっと便利に、もっと快適に」を実現させていきたいですね。

Translate »